MQL4-J


http://docs.mql4.com/

[原文]
MetaQuotes Language 4 (MQL4) is a new built-in language for programming of trading strategies. This language allows to create your own Expert Advisors that make trading management automated and are perfectly suitable for implementing of one's own trade strategies. Besides, one can use MQL4 for creation of one's own Custom Indicators, Scripts, and Libraries.

A large amount of functions necessary for analysis of the current and previously income quotes, as well as basic arithmetic and logic operations are included in MQL4 structure. There are also basic indicators built in and commands of order placement and control.

The MetaEditor 4 (text editor) that highlights different constructions of MQL4 language is used for writing the program code. It helps users to orientate themselves in the expert system text quite easily. We use MetaQuotes Language Dictionary as a Help System for MQL4 language. An abridged guide contains functions divided into categories, operations, reserved words, and other language constructions and allows finding the description of every element we use.

Programs written in MetaQuotes Language 4 have different features and purposes:

Expert Advisor is a mechanical trading system (MTS) linked up to a certain chart. An Advisor starts to run with every incoming tick for a given symbol. The Advisor will not be launched for a new, tick if it is processing the previous one at this moment (i.e., the Advisor has not completed its operation yet). The Advisor can both inform you about a possibility to trade and trade at an account automatically sending orders directly to the trade server. Like most trading systems, the terminal supports testing strategies on history data with displaying trading in-and-out points in the chart.
Experts are stored in terminal_directory\experts.

Custom Indicator is a technical indicator written independently in addition to those already integrated into the client terminal. Like built-in indicators, they cannot trade automatically and are intended for implementing of analytical functions only.
Custom Indicators are stored in terminal_directory\experts\indicators.

Script is a program intended for a single execution of some actions. Unlike Expert Advisors, Scripts are not run tickwise, but on request.
Scripts are stored in terminal_dictionary\experts\scripts.

Library is a set of custom functions containing programs most frequently used. Libraries cannot start execution by itself.
Libraries are recommended to be stored in terminal_directory\experts\libraries.

Included file is a source text of the most frequently used blocks of custom programs. Such files can be included into the source texts of experts, scripts, custom indicators, and libraries at the compiling stage. The use of included files is more preferable than the use of libraries because of additional burden occurring at calling library functions.
Included files are recommended to be stored in terminal_directory\experts\include

[和訳]

[機械翻訳]

MetaQuotes Language4(MQL4)は取り引き戦略のプログラミングのための新しい内蔵の言語です。 この言語で、あなた自身の取り引き管理を自動化させられた、貿易が戦略であると実装であるのに自分自身の完全に適当なExpert Advisorsを作成します。 そのうえ、1つは自分自身のCustom Indicators、Scripts、および図書館の創設にMQL4を使用できます。

電流の分析に必要な機能の多量であり、収入引用文であり以前に、基本的と同様に演算と論理演算はMQL4構造に含まれています。 オーダープレースメントとコントロールについて基本的な組立のインディケータもあって、命令します。

MQL4言語の異なった構造を目立たせるMetaEditor4(テキストエディタ)は、プログラム・コードを書くのに使用されます。 それは、ユーザがエキスパートシステムテキストで全く容易に自分たちを指向するのを助けます。 私たちはMQL4言語にヘルプSystemとしてMetaQuotes Language Dictionaryを使用します。 要約のガイドは、カテゴリ、操作、リザーブドワード、および他の言語構造に分割された機能を含んでいて、私たちが使用するあらゆる要素の記述を見つけるのを許します。

MetaQuotes Language4に書かれたプログラムは異なった特徴と目的を持っています:

専門のAdvisorはあるチャートまでリンクされた機械的な取引システム(MTS)です。 Advisorは与えられたシンボルのためにあらゆる入って来るカチカチする音と共に稼働し始めます。 Advisorはaのために新しい状態で発射されないで、ダニはそれであるならこの瞬間、前のものを処理しています(すなわち、Advisorはまだ操作を完了していません)。 Advisorは、直接貿易サーバに注文を送りながら、アカウントで自動的に取り引きして、取り引きする可能性に関してあなたに知らせることができます。システムを最も取り引きするように、端末は内外に取り引きするのがチャートで指す表示で歴史データのテスト戦略をサポートします。
専門家は 端末_ディレクトリ\の専門家に保存されます。

カスタムIndicatorは独自に既にクライアント端末と統合されたものに加えて書かれたテクニカル分析指標です。 内蔵のインディケータのように、彼らは、自動的に取り引きできないで、分析機能だけを実装するために意図します。
カスタムIndicatorsは 端末_ディレクトリ\専門家\インディケータで保存されます。

スクリプトはいくつかの動作のただ一つの実行のために意図するプログラムです。 Expert Advisorsと異なった、Scriptsによるしかし、走行が要求に応じてtickwiseされるということではありません。
スクリプトは \が原稿を書く端末_辞書\の専門家に保存されます。

図書館は最も頻繁に使用されるプログラムを含む1セットのカスタム機能です。 図書館自体は実行を始めることができません。
端末_ディレクトリ\専門家\図書館に図書館が保存されることが勧められます。

含まれているファイルは最も頻繁に使用されたブロックのカスタムプログラムの原始テキストです。コンパイル段階で専門家、スクリプト、カスタムインディケータ、およびライブラリの原始テキストにそのようなファイルは含めることができます。 含まれているファイルの使用は呼ぶライブラリ関数で現れる追加負担のためにライブラリの使用より望ましいです。
\専門家\が含む端末_ディレクトリに含まれているファイルが保存されることが勧められます。